情報リテラシー論 講義レポート3  

こんにちは、今回は検索エンジンの変遷と変化です。

今回の授業は休んでしまい至らない部分がおると思うのでご了承ください。

検索エンジンとは簡単に表すと画面の上部にある検索スペースのことですね。

皆さんはどの検索エンジンの会社を利用していますか?
ちなみに世界シェアはGoogleですが日本のシェアはYahoo!らしいです。


操作が簡単の方が利用しやすいですよね。

Yahoo!は昔トップページからカテゴリ検索や、登録の優先表示を減らしたりユーザーに見やすく使いやすく工夫がされていましたが、なんと検索エンジンの要となるカテゴリサービスが破綻してしまい、来年には破綻してしまうそうなのです。

ではなぜこうなってしまったのでしょうか。

それはYahoo!に関わるサービスがサイト部分に表示されすぎてしまっていたからです!

早く自分の知りたいサイトを見たいのにこれらが邪魔をしてしまい、見つけにくくしてしてしまう結果となってしまいました。

Googleと検索結果は変わらないのにこういった自社の多様な介入がアダとなったんですね。


今度は一方のGoogleに着目したいと思います。

Googleは検索エンジンの会社ではなく、広告代理店なのでいかに広告などのサイトをクリックしてもらうかで売り上げが決まっていきます。

なのでGoogleは検索サイトを見つけやすく、共通なキーワードを入れるだけで簡単に検索ヒットしたり、今までのリンクから文脈のテーマのリンクを評価したりとユーザーが簡単に利用できるんです。

当然、Googleのシェアは増加しますよね、しかしある欠点が!

サイトのリンク共有方法の多様化だったり、スマホではアプリで探してしまったりSEO対策も困難になってしまったんです。

そうはいっても、私たちユーザーからしてみれば使いやすい、便利なツールが増えることはいいことだと思いますよね。

しかし、ユーザーにも悪い影響を及ぼしてしてしまうことがあるんです。

なんと人の記憶が変化してしまうんです。
引用 
米心理学者発表

これからAIが進化していくのに人間は機械に頼りすぎて退化してしまうなんて本末転倒だなと思いました。

考えろことをやめコミュニケーション能力が低下してしまったら人間に必要な部分が欠落してしまう心配があると思いました。




スポンサーサイト

Posted on 2017/10/15 Sun. 01:47 [edit]

category: 情報リテラシー論 講義レポート

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード